「屍人荘」ミステリー作家さんコメント

綾辻行人(『月光ゲーム』)

原作小説を読んだとき最も感心したのは、破天荒な特殊設定を用いながらもあくまで本格ミステリの正道を行くトリックやロジック、その強度と巧妙さだった。同時に、映像化との相性の良さも強く感じたものだったが、早くもそれが実現したわけだ。ここで制作陣が打ち出した方向性といくつもの工夫は、原作の美点を充分に活かしたうえで、よりいっそう作品のエンターテインメント性を高めることに成功している。お見事である。
 それにしても、剣崎比留子を演じる浜辺美波の、何と可愛くもオモシロイことか。すっかり私、やられてしまいました。

有栖川有栖(『十角館の殺人』)

これほどトリッキーな館ものの本格ミステリが、これほどきっちりと映画化されたのは快挙でしょう。
二人の名探偵+ワトソン役のキャスティングも、ぴたりとはまっています。
全編にちりばめられた謎を解き、犯人を見破るための手掛かりがフェアに提示されるので、ぜひスクリーンに集中して、とんでもない状況下(とんでもなさすぎる……)での推理ゲームをお楽しみください。
原作にはないオリジナルのアイディアも盛り込まれています。

天樹征丸(『金田一少年の事件簿』原作者』)

小説と漫画を分け隔てなく読みながら育った新世代のミステリ作家が、またひとつ刺激的な作品を著し、それが早くも映画になった。
金田一少年シリーズが拠り所とした、ビジュアライズされて活きる設定やトリック、キャラクターに、ある『新しいエレメント』が加わったこの映画は、ミステリファンのみならず、誰しもが楽しめる上質なエンターテイメントに仕上がっている。
しかもそのスタッフには、金田一少年の映像化に携わったクリエーターが、複数人関わっていると聞いた。これは観なくてはならない。
ミステリを愛しその未来に期待している者として、この映画を心より推薦したいと思う。

松丸亮吾(謎解きクリエイター)

序盤・中盤に散りばめられた伏線が、終盤にかけて余すところなく回収されるさまが本当に鮮やかでした。
「これは難しそう、犯人はどうやってやったんだろう…?」と感じたトリックも、進んでいくうちに全て解くための情報が揃っていて、解説を聞くと思わず「これは先に思いつきたかった…!」と悔しくなりさえしました(笑)
そういった意味では、観てる人も一緒に参加して楽しめる"謎解きゲーム"的な見方もできるのかなと。
もし探偵よりも先に答えにたどり着けたら相当快感です。ぜひ劇場で挑んでみてください!