原作

Comment

映画は小説とはまた違う雰囲気になっていて、自分が原作者でありながら新鮮な気持ちで観させていただきました。木村ひさし監督が手を加えてくださった部分や俳優さんたちが表現してくださった部分は、僕自身ではなかなか描けない部分。映画だからこその面白さが詰まっていて、新解釈の『屍人荘の殺人』だと思いました。(比留子の決めポーズの)相撲の型なんて、自分ではまず思いつかないですからね(笑)。「こういうこともしちゃう子なんだ!」と楽しませていただきました。
神木隆之介さんに演じていただいた葉村は、助手だけに目立ち過ぎてはいけない役。それでも前に出ていかないといけない難しさがあったと思うんですが、神木さんは無理なく演じられていて、尚且つ明智や比留子と違って奇特な言動や行動をするわけではないのに引き寄せられてしまう。さすがだなと驚かされました。比留子はちょっと男口調に近いしゃべり方で、文章では普通に読めても実際に演じるとなると難しかったと思うんです。でも浜辺美波さんは不自然に見えない演技をしてくださっていて、魅力的なキャラクターになっていました。中村倫也さんに演じていただいた明智は、本当に強烈でした。原作でも書き進めていくうちに思わぬ方向でいい変化を遂げたキャラクターだったんですが、それがますます魅力を増していて、素晴らしかったです。
まさに映画ならではの『屍人荘の殺人』になっていて、原作を読んでくださった方はもちろん、初めてミステリーに触れる方も、飽きることなく最後まで楽しんでいただける作品だと思います。ミステリーは普段読まないという方にこの作品を通じて原作を知っていただけたり、映画は普段観ないという方にこの作品を通じてキャストやスタッフの方に興味を持っていただけたりしたら嬉しいですね。それぞれのファンやジャンルを繋ぐ作品になれば、原作者としても本望です。